子どもはおやすみ

子育てを通じて感じたことと絵本の紹介

娘「獅子舞の中には人がいる」

最近の保育園では新年に獅子舞が披露されるらしい。娘が一昨年いた保育園でも、去年いた保育園でも、今年の保育園でも獅子舞のイベントがあったので、そういうことだと思う。ちなみに、私自身は幼稚園に通ったが、そうした記憶は残っておらず、それはあったかもしれないし、なかったかもしれない。

私などは獅子舞に大した思い入れもなく、またそこに込められた意味もよく知らないので、獅子舞を見ても「お、なんかやってる」くらいの感想しか抱かない。しかしどうやら子供はこれを見て結構怖がるようだ。実際、一昨年、昨年と娘は獅子舞を見て大泣きしていたらしい。保育園の方としても、そうした反応を面白がることも含めて1つの節目のイベントとして企画していることと思う。

 

それで、先日、娘の保育園でも獅子舞があったのだが、どうやら今年は泣かなかったらしい。それどころか「獅子舞の中にひとがいた!」「食べるマネをしているだけだった」と言っていた。大人になった。。やはり嬉しいような寂しいような、というところだ。今いる保育園では年長さんもいっしょなので、もしかしたら、ショーの最中に、お兄さんお姉さん達が「中にひとがいる!」とマジックのタネを見破ったかのように大声で叫んで、それに娘も納得し学んだのかもしれない。いずれにしても子供の成長を感じた瞬間だ。あるいはそれを親が体感することもこうしたイベントの目的なのかもしれない。

ただ、そうは言っても、前記事のサンタクロースも、今からすぐにやってくる節分の鬼も、去年初めて行ったディズニーランドのミニーちゃんも、みんな正体が「ただの人」であることを娘はまだ知らない。なので、これらについてはまだまだ娘の子供らしさを楽しめる、、かもしれないし、それももうすぐ終わるのかもしれない。

 

さて、こうしたイベントでの自分の感情を振り返って、ふと、親にとっての子供の無垢な子供らしさとは何なのかということを考えずにはいられない、本来であれば、単純に成長を喜んでも良さそうだし、子供がこうした幻想に騙されていることを嘆いてしかるべきところかもしれないのに、どういうわけか私は子供に無垢であって欲しいという気持ちを少なからず抱いている。もしかしたら、今の娘がパパである私に懐いてくれいているのは、娘が無垢であるがゆえであるという風に無意識に感じていて、それにもいつか終わりが来るということを恐れているのかもしれない。(もっとも、理性的にはそうした時が一刻も早く来て子育てを卒業したいと思っているつもりだが。。)一方で、無垢を愛おしく思う気持ちは(自分の性欲のように)うまく説明できない感覚の一つのようにも感じる。そうした愛おしさの感覚には親を親として繋ぎとめる生物学的機能がある、なんていうともっともらしいが、それはそれでピンとこない。娘から無垢さが消えた時にこの感情の正体も見えてくるのだろうか。

サンタクロースって本当にいるの?

もうすぐクリスマスだ。ということで私も子供のためにプレゼントを用意しなければいけない。去年はハーモニカを買った。その頃、娘はムーミンをよく読んでいた。ハーモニカはムーミンの友達スナフキンの愛用の楽器だ。なので娘にも馴染みのあるものだったが、実際にその実物を手にすると、自分もスナフキンみたいになれると思ったみたいな様子だった。そして上機嫌に演奏(と言っても音を鳴らすだけだが)してくれたので私としても嬉しかった。値段の割に効果的な一品だったと思う。

YAMAHA(ヤマハ) ハーモニカ シングル YH-15SN

YAMAHA(ヤマハ) ハーモニカ シングル YH-15SN

 

もちろんこのハーモニカはサンタさんが届けてくれたことになっている。ときたま、ついうっかり「パパが買ったハーモニカどうしたの、、、」みたいな台詞を口にしそうになったりするが、これはまだご法度だ。

去年は朝起きてプレゼントを見るなり、「サンタさんやっぱり来てくれたんだ!」と言っていた。ちなみにこれは名作絵本「ノンタン サンタクロースだよ」のノンタンの一台詞そのままで、そのときのノンタンに成り切って使ったみたいだった。 

ノンタン!サンタクロースだよ (ノンタンあそぼうよ (7))

ノンタン!サンタクロースだよ (ノンタンあそぼうよ (7))

 

 

ということで、娘は今年もサンタさんの到来を待っている。娘はまだサンタの正体が私およびママとジジババであることをまだ知らない。遅かれ早かれその正体を知る日は来ると思うが、不思議なもので、なんとなくその日がまだ先のことであって欲しいというのが今の私の気持ちだ。

思い返せば、私が子供のときも、クリスマスの朝にプレゼントが枕元に置いてあるのを見て嬉しくなったものだった。一方で、小学校の中学年くらいのときには親に向かって「サンタがいるなんて思っていないけどプレゼントくれ」みたいなことを言って、少しばかり親をがっくりさせたらしかったことも覚えている。

まあ娘にはサンタクロースにワクワクする気持ちをもう少しばかり楽しんでもらいたいというだけではあるのだが、一方でこの私の願望は子供には子供のままでいて欲しいみたいな気持ちの現れでもあるような気もする。先日アマゾンプライムでキティちゃんのアニメを娘と見たが、サンタは本当にいるのかという題材を取り扱っていた。「おいおいそんな重要な事柄を軽々しく子供の目に触れさせてくれるな」という気持ちになってソワソワしながらの鑑賞になってしまった。途中サンタなんかいるわけない的な流れで話が進んだが、結局の結論は私の解釈では曖昧な感じに終わったので安堵したのだった。子供の成長を受け入れられる親になりたい。

 

絵本の紹介 「3びきのくま」

「3びきのくま」は最も有名な絵本の一つだ。。。と言っても、私は自分が子供時分に読んだ記憶はない。つい最近、子供のために図書館で借りてきて初めてその存在を認知した。

3びきのくま (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)

3びきのくま (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)

 

子供の絵本なんて、1冊読むのにせいぜい10分しかかからないので、ハズレの本を読まされたところで大して痛くもない。ということで、我が家は図書館では基本ランダムに絵本を漁っている。その中で、返却本の棚については、すでに誰かのセレクションがかかっている本が並んでいるということで、効率良くアタリを引ける場所であると信じていて、まずはそこからピックアップしていくのが私の習慣だ。「3びきのくま」はこで見つけた本だった。

 

なぜこんなエピソードを書くかというと、そのとき「3びきのくま」を前に借りていたいであろうお方が、この本と同時に読んでいたであろう本もそうとは気付かず一緒にその返却棚から借りて帰ったのだが、この2冊の絵本を読んで、そのお方のセンスに感嘆したからだ。その本は「3びきのくま」のパロディ本だった。残念ながらタイトルを思い出せず、また私のグーグル力では検索でも見つけることもできず、それをここで紹介することはできない。後日またそれが判明したら追記したい。

 

「3びきのくま」のあらすじはググればすぐにわかるものではあるが、親子3匹のクマが森のお家を留守にして、しばらくたって帰ってくると、食べようと思って用意していたおかゆがなくなっていて、椅子が壊れていて、、誰の仕業だー!と思って寝室に行くとベッドで寝ている女の子がいて、その子が慌てて逃げ出していく、、というお話だ。これを読むと、留守の間の女の子の描写が無機質な感じであることもあり、意地汚い女の子がいるものだ、みたいな感想を持つことが一般的だろう。

 

はてさてそのパロディ本は同じ出来事をその女の子の視点から描いたものだ。すると不思議なもので、女の子には悪気なんてサラサラなく、森でお腹が空いたところでお家を見つけて、ちょうど良くおかゆもあったのだが、だれもいないようなので仕方なくこっそりとそれをいただき、その後ちょっと遊んだら拍子に椅子を壊してしまって、まあお家のひとにが戻って来れば訳を話そうと、少しベッドでおやすみしていたら、急にクマが現れてあまりにびっくりして逃げていった、、という話になる。(ちなみに残念ながら本書が手元にないので正確性に欠けた紹介かもしれないが悪しからず。)

 

こうして比べると、オリジナルのクマの視点によるストーリーのみから下したジャッジがいかに危ういものであったか気付かされる。言うまでもなく、我が家の前にこれら2冊を借りていたお方は、子供にそうしたレッスンを授けようと意図していたのだろう。恐れ入る。また、この「3びきのくま」自体は一見、特にメッセージ性を感じない。しかし、もしかしたら、こうした情報の不完全さにも関わらず、バイアスのかかった判断が下されることをあるいは見透かすような意図がこめられているのかも、、なんて感じたりした。

 

ちなみに、我が家が3びきのクマと同様の3人家族であるために、我が子も即興でこのパロディをしてくれることが多々ある。「大きな牛乳と中くらいな牛乳と小さな牛乳!」みたいなものだ。やはり「3びきのくま」のリズミカルな調子は子供に受けるらしい。ただし、我が子がこれら2冊の2つの視点からどのようなレッスンを得たのかは定かではない。